Photo
1 特別浴室の新設改修
―成長変化する病院-3―
一覧へ戻る 現在のところ、貴島病院は、2階3階が一般病棟で93ベッド、4,5,6階が療養病棟で120ベッドの構成です。
療養病棟では5階に特別浴室があり、2台の入浴装置を設置して、3つの看護単位の入浴介護を行ってきました。
この特別浴室をさらに整備するにあたって、5階の浴室を拡げ、入浴装置も3台ないし4台に増やして充実したものにする案と、4,5,6各階に1ヶ所ずつ浴室を設け1台ないし2台ずつ入浴装置を設置する案の二つのやり方が考えられました。
初めは1ヶ所に広い浴室を確保して、集中的に入浴サービスを行うことが、効率的と思われたのですが、分析してみると分散配置がサービスの向上に大きく寄与することがわかりました。入浴サービスにおいては、大規模に設備やスペースを集約してもサービスの室は上がらず効率的ではないようです。
そのこと(分散配置による看護効率の劇的な改善)はリネンサービスや薬品等の物品サービスで実証され(「建築が病院を健院に変える」彰国社、健康デザイン研究会編P.108)、そもそも貴島病院で既にリネンは前回の増築を経て分散収納されていたのでした。
  

住宅

リノベーションして住む

断熱工法を探る

3世代の住む家

仕事場のある家

介護のための空間

日だまりのある別荘

都市に住む

都市のエレメント

変化する医療と福祉

拡大する知のシステム

大学キャンパスをつくる

建築家に依頼するメリットとは?

よくある質問

プロフィール

アクセスマップ

リンク

お問合せ

ページの先頭に戻る↑