Photo
123 介護のための空間
一覧へ戻る 建て主と70代のお母さん、母娘二人の家です。身体が不自由なお母さんの介護のための部屋です。隣家が接している敷地南側中央部に、洗面所から浴室まで設け、寝室から楽に動けるようにしています。隣に介護者としての建て主の寝むスペースがあります。居間・食堂と台所は小さいですが天井が高く、爽やかな部屋です。午後の日は十分に入りますが、午前中は隣家がわずかに後退した空間から入る日ざしをねらってバルコニーを設けています。洗面所の大きなトップライトと高窓からの光で終日日当たりのよい部屋です。階段昇降機や浴槽へ入るためのスライドチェアなど機械仕掛けの工夫もしています。

東京都
2000年

家族構成 母親
     建主
     計2人

木造 地上2階
屋根 ガルバリウム鋼板
外壁 モルタルリシン吹付
居間 床 カーペット
   壁 クロス
   天井 米松ベニヤ

2階    44m2
1階    44m2
延床面積  88m2
敷地面積  73m2
  

住宅

リノベーションして住む

断熱工法を探る

3世代の住む家

仕事場のある家

介護のための空間

日だまりのある別荘

都市に住む

都市のエレメント

変化する医療と福祉

拡大する知のシステム

大学キャンパスをつくる

建築家に依頼するメリットとは?

よくある質問

プロフィール

アクセスマップ

リンク

お問合せ

ページの先頭に戻る↑