Photo
12 こども図書館のある家
一覧へ戻る 児童文学作家の家です。当時70代のご両親と3人で住まわれました。1階がご両親の生活の場で2階に広い居間と近所のこどもたちの来るこども図書館、3階は書斎です。バリアフリーという言葉はまだありませんでしたが、食堂から寝室、和室、縁側また食堂へと段差なく動けます。ぐるっと家の中を一周してまわれるプランもねらいでした。この回遊性は2階、3階も共通しています。2階の居間では暖炉の火を背にこどもたちにお話を聞かせます。建主のお弟子さんで支援者でもあるご婦人たちの練習の場でもあります。小さな暖炉は書斎にもあり、その火は物語をつむぎだすのに一役かっています。

東京都中野区
1978年

家族構成 建て主と両親
     計3人

鉄筋コンクリート造
   地上3階
屋根 アスファルト防水
外壁 コンクリート打ち放し
居間 床 カーペット
   壁 クロス
   天井 岩綿吸音板

3階    28m2
2階    88m2
1階    89m2
延床面積 205m2
敷地面積 159m2
  

住宅

リノベーションして住む

断熱工法を探る

3世代の住む家

仕事場のある家

介護のための空間

日だまりのある別荘

都市に住む

都市のエレメント

変化する医療と福祉

拡大する知のシステム

大学キャンパスをつくる

建築家に依頼するメリットとは?

よくある質問

プロフィール

アクセスマップ

リンク

お問合せ

ページの先頭に戻る↑